輝きつむぐ理想郷 -いにしえの歴史と希望ある未来、そして人を育むまち-

 第6次平泉町総合計画は、令和3(2021)年度から令和12(2030)年度まで、今後10年間のまちづくりの方向性を定めた平泉町の最上位計画です。

 計画の策定にあたっては、令和元年度から、「町民まちづくりアンケート」を実施するとともに、高校生、若者・子育て世代、協働のまちづくりサポーターを中心とした「町民ワーキンググループ」を開催し、広く町民の皆様の意見やアイデアを受けて、平泉町総合発展計画審議会において内容の審議を重ねてまいりました。

 今般、新たに策定した第6次平泉町総合計画では、町の将来像を『輝きつむぐ理想郷 -いにしえの歴史と希望ある未来、そして人を育むまち- 』として3つの基本方針と6つの基本目標を設定し、将来像の実現に向けて横断的に施策を推進していきます。

施策の大綱

 

 

 

計画書(ダウンロード版)

 第6次平泉町総合計画 [3969KB pdfファイル]