(国勢調査2020総合サイト)

開始から100年をむかえる令和2年国勢調査

国勢調査は、日本国内の人口と世帯の実態を把握する、5年に一度の大調査です。

調査の結果から得られる人口は、我が国の人口の基本となる法定人口として、選挙区の区割りや地方交付税の算定の基準などに利用されます。

また、男女・年齢別人口、昼間人口、世帯構成(高齢者のいる世帯など)、産業別のなどの統計は、国や地方公共団体の社会福祉、雇用、環境整備、災害対策をはじめとして、あらゆる施策の基礎データとして利用されます。

私たちのより良い暮らしと住みよいまちづくりのための正確なデータ確保について、皆さまのご協力をお願いします。

調査の対象

日本に住んでいるすべての人と世帯が対象です。

調査期日は10月1日です

9月中旬に地域の調査員が各世帯を訪問し、調査票を配布します。

調査票の回答方法は次の3通りです。

  1. 郵送提出(回答期間 10月1日から10月7日まで)
  2. インターネット回答(回答期間 9月14日から10月7日まで)
  3. 調査員への提出(10月上旬に調査員が訪問します。)

インターネット回答は、パソコン、スマートフォン、タブレットから24時間いつでも回答でき大変便利です。

回答データは厳重に守られますので、ぜひご利用ください。

調査の内容

  1. 世帯について・・・世帯員の数、住居の種類
  2. 世帯員について・・・氏名、性別、世帯主との続柄、出生の年月、配偶者の有無、教育、仕事など14項目