高収益作物次期作支援交付金

事業概要

新型コロナウイルス感染症の発生により、売上げが減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援する国の交付金制度です。

農林水産省ホームページ

高収益作物次期作支援交付金パンフレット

交付対象者

次の(1)から(3)を全て満たす方

(1)令和2年2月から4月の間に野菜(栽培したきのこ及び山菜類を含む)・花き・果樹の出荷実績(自ら原料を生産し加工した加工品を含む)がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者

(2)国のセーフティネット(収入保険、農業共済、価格安定事業等)に加入している又は加入する意向がある生産者

(3)次期作の栽培面積を現状維持又は増やす生産者

主な支援内容

国が定める高収益作物の次期作に向けた取組を行う生産者に対して、次のとおり支援します。

【支援単価】

(1)基本単価 5万円/10a
※国が定めた「中山間地域等」に該当する場合は、単価に1割加算されます。
例1:過疎地域自律促進特別措置法により、過疎地域とみなされる地域
例2:農林統計に用いる地域区分が、「中間農業地域」「山間農業地域」に区分される地域
※中山間地域等直接支払制度とは、異なる区分です。ご注意ください。

(2)加温又はかん水装置のある施設栽培の花き 80万円/10a
※中山間地域等の加算は、ありません。 

 事業の流れと申請方法

  • 申請の流れ

取組実施者(生産者) ─【申請書類提出】→ 農協(または役場農林振興課) ─【申請書類取りまとめ】→ 一関地方農業再生協議会 ─【申請】→ 国(東北農政局)

  • 交付の流れ

国(東北農政局) ─【交付】→ 一関地方農業再生協議会 ─【交付】→ 取組実施者(生産者)

 

(1)国への申請及び交付事務は、一関地方農業再生協議会で行います。

(2)申請書類の受付は、次の窓口で行います。申請を希望する方は、各窓口へお問い合わせください。

  • 農協組合員の方:いわて平泉農業協同組合 営農部 園芸課 電話34−4003、FAX34−4004
  • 農協組合員ではない方:役場 農林振興課 電話46−5564

(3)提出締切

  • 第1回締切:令和2年8月31日(月)
  • 第2回締切:令和2年9月末(予定) ※今後、国が公表する公募時期に応じて、別途周知します。