令和2年10月1日より、ロタウイルス感染症が定期予防接種となりました。

ロタウイルスとロタウイルス胃腸炎

ロタウイルス胃腸炎は、乳幼児の急性重症胃腸炎の主なウイルスとして知られています。5歳までの乳幼児がほぼ全員かかる感染力の強い胃腸炎です。主な症状は、白っぽい水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴や入院が必要になることがあります。

対象者

平泉町に住所を有し、令和2年8月1日以降に生まれたお子さん

ワクチンの種類

現在、国内ではロタリックス(1価)とロタテック(5価)の2種類あり、どちらもウイルスの毒性を弱めた経口(口から飲む)生ワクチンです。同じワクチンで必要回数を接種してください。

ワクチンの種類 対象年齢 回数 間隔
ロタリックス(1価) 生後6週から24週 2回 4週間以上
ロタテッック(5価) 生後6週から32週 3回 4週間以上

 

 

 

 

 

※標準的な接種間隔:1回目の接種は生後2ヶ月から生後14週6日(生後3ヶ月半過ぎ)までには行う。

接種場所

契約医療機関(事前に予約が必要です。詳しくは保健センターにお問い合わせください。)

接種費用

無料(全額公費で負担します)