インフルエンザに感染すると、発熱、頭痛、関節痛、咳、鼻みずなどの症状が続き、かぜに比べて全身の症状が強くでます。呼吸器や循環器などの疾患、糖尿病などの治療をしている方は、合併症に注意が必要です。インフルエンザワクチンの接種により、高齢者では約40%発症を予防し、約80%死亡を阻止する効果があるとされています。

対象者

  1. 接種日現在で65歳以上の人
  2. 接種日現在で60から64歳で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能やヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいがある人(身体障害者手帳1級相当)

接種場所

インフルエンザ予防接種医療機関一覧 [149KB pdfファイル]

必ず、事前に電話等での予約をしてください。

実施期間 

令和2年10月1日から令和3年1月31日まで

接種方法

年度で1回接種

費用助成 3,600円を公費助成いたします。

※新型コロナウイルス感染症との同時流行を抑制するため、高齢者インフルエンザ予防接種の助成額を今年度限り拡充します。

※3,600円を越えた分は、自己負担となりますので医療機関の窓口でお支払いください。接種費用は医療機関によって異なりますので、事前に医療機関にお問い合わせください。
生活保護世帯は、全額助成となります。事前に手続きが必要となりますので、保健センターにお越しください。

予診票

委託医療機関の窓口で発行します。ただし、対象者2及び生活保護世帯に該当する方は、保健センターで発行いたします。

インフルエンザワクチンの優先的な接種対象者のお知らせ

今冬の新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行を見据え、インフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。厚生労働省では高齢者など、重症化リスクの高い人に対して優先的に接種できるよう呼びかけています。インフルエンザワクチンについて一定の対象者(定期接種となっている65歳以上の高齢者等、医療従事者、65歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳乳幼児~小学校低学年が優先的な接種対象者です。優先的な接種対象者のうち希望する者が接種機会を逃さないよう皆様のご理解をいただきますようお願いします。