新型コロナワクチン接種証明書について

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置(隔離措置・PCR検査等)の緩和等を判断するうえで活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を証明する接種証明書を交付します。

申請方法

申請は郵送または保健センター窓口により受付します。

※申請先は、接種日時点で住民票のあった市町村(接種券を発行した市町村)です。接種後に転居された場合は転居前の市町村への申請となります。1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村への申請が必要となります。

必要書類
  • 交付申請書 [121KB pdfファイル]
  • 有効な旅券(パスポート)の写し(※接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です)【注1】
  • 接種券(接種済証)の写し、または接種記録書の写し【注1】
  • 本人確認書類の写し(氏名のほか返送先の住所が記載された書類(運転免許証、マイナンバーカードなど))【注1】【注2】
  • 返信用封筒(切手を貼付し、本人確認書類と同一の住所を記載してください)
  • 委任状 [69KB pdfファイル]【注3】

【注1】写しは、原本を窓口で提示いただければ、提出は不要です。その場合、窓口でコピーを取らせていただきます。

【注2】旅券に旧姓・別姓・別名等の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名等が確認できる書類の写しを添付してください(例:旧姓併記のマイナンバーカードなど)。

【注3】同一世帯であっても、窓口に来た人と証明が必要な人が異なる場合は、当事者(証明を必要としている人)が署名した委任状(任意様式)を提出してください。なお、窓口に来た人が法定代理人の場合は、委任状の添付を省略できますが、法定代理人であることを確認できる書類を提示してください。法定代理人が郵送申請する場合は、法定代理人の資格があることを確認できる書類の写しを同封してください。

申請先

郵便番号 029-4192

平泉町平泉字志羅山45-2(平泉町保健センター内)

平泉町新型コロナワクチン接種対策チーム

電話番号 0191-34-9808

交付までの期日

必要書類を受領し、書類・接種記録の確認してからの郵送となります(書類受領から概ね5日程度を予定しています)。

なお、混雑状況や接種記録の確認状況により多少日数がかかる場合がありますので、余裕をもって申請するようお願いします。

関連サイト

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省ホームページ)

接種証明書の一般的・制度的事柄に関する質問は、下記厚生労働省新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口までお問合せください。 

厚生労働省 新型コロナウイルスワクチンに係る電話相談窓口(コールセンター)

電話番号 0120-761770

問い合わせ先(平泉町新型コロナワクチン接種対策チーム)

郵便番号 029-4192

平泉町平泉字志羅山45-2(平泉町保健センター内)

平泉町新型コロナワクチン接種対策チーム

電話番号 0191-34-9808

受付時間 午前9時から午後4時30分まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)