柳之御所資料館


平泉文化における貴重な資料を展示
柳之御所資料館


最新発掘情報
最高級の「青白磁椀」が出土


第1展示室


第2展示室
 平成11年11月11日、一般国道4号平泉バイパスの部分開通に合わせて、「柳之御所資料館」がオープンしました。
 当初、一関遊水地事業における平泉下流堤防と一般国道4号平泉バイパスは、奥州藤原氏の政庁跡と思われる柳之御所遺跡を通るかたちで計画されていました。工事予定地の緊急発掘調査が進行するにしたがい、政庁柳之御所を裏付ける貴重な遺跡・遺構が出土し、わが国の歴史上において重要なものであることから、堤防とバイパスのルートを完全に北上川に変更することになったものです。


 資料館では、この柳之御所遺跡から出土した陶器、土器などの貴重な遺物を展示するとともに平泉町まちづくりコーナーでは、パネルや模型を用いて、現在進行中であるアメニティ道路事業、ウォーキング・トレイル事業、コミュニティ・ゾーン形成事業などの紹介や歴史、文化遺産を活用したまちづくりを紹介しています。


 お近くにお越しの際には、ぜひご観覧ください。
【利用案内
開館時間 午前9時〜午後4時30分
休 館 日 毎週月曜日(祝日等を除く)
年末年始 12月29日〜1月3日(この他に臨時休館日があります)
入 館 料 無料

平泉の観光協会のページへ    歴史図書館のページへ

平泉町役場
〒029-4192 岩手県西磐井郡平泉町平泉字志羅山45-2
TEL:0191-46-2111/FAX:0191-46-3080
お問い合わせ