【平泉町文化財センター】




平泉の遺跡発掘


 こんにちは、平泉町文化財センターです。このコーナーでは、これまでに発掘調査した300を越える個所の中から、当時の人々の日常生活に関わる遺構や遺物にスポットをあて紹介します。
 
 ご存知のように平泉(岩手県)は、今から900年前、奥州一円を掌握した藤原清衡が館を構えた所であり、その後、基衡、秀衡、泰衡の4代、約100年にわたり政治・経済・文化の一大都市として平安末期の東北地方に栄華をほこりました。

 拠点としての「都市平泉」は、現在多くのものは地下に埋もれ、またはすでに失われているものもあるが、発掘調査の成果を研究、検討することにより、当時の人々の生活や行動をかいま見ることができ、現在、その一端が解明されつつあります。

 前置きはこれくらいにして、それでは皆さん、900年の時を越え、奥州平泉の都へタ〜イムスリップ!!



人々の生活

生活に使われたもの