平泉町ふるさと応援寄附 ~平泉への思いを形に~

ご寄附ありがとうございました(平成28年4月1日現在)

年度 件数 金額
平成20年度 5件 410万円
平成21年度 9件 91万円
平成22年度 2件 20万円
平成23年度 9件 1,521万8,200円
平成24年度 7件 571万3,500円
平成25年度 13件 266万4,440円
平成26年度 12件 94万1,880円
平成27年度 12件 109万9,160円

ふるさと寄附金(ふるさと納税)制度とは?

 ふるさと寄附金(ふるさと納税)制度とは、「生まれ故郷」や「かつて住んでいた、または訪れたことがあり、ゆかりのある地」などの自治体へ寄附金という形で応援していただいたときに、現在お住まいになっている市区町村の住民税などが軽減される制度です。

税制上の軽減措置について

 都道府県または市区町村に 対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、個人住民税所得割の概ね1割を上限として、所得税と合わせて全額が控除されます。    ※詳しくは、総務省ホームページをご覧ください。    ※控除額は、家族構成や収入額等により一人ひとり異なりますので、詳しくお知りになりたい方は、お住まいの市区町村の住民税担当窓口にお問い合わせください。

ふるさと寄附金(ふるさと納税)制度への取り組み

 平泉町では、お寄せいただいた寄附金を「平泉町ふるさと応援寄附基金」として、保健・福祉・教育の充実事業、歴史と文化の醸成事業、環境保全事業、産業振興所業などに活用します。「小さくともキラリと光るまちづくり」を進めていくために、多くの皆さまからの応援を心からお待ちしております。

寄附金の使い道

保健・福祉・教育の充実事業

  • 高齢者福祉事業
  • 子育て支援事業
  • 障がい者福祉事業
  • 幼児施設、学校施設の整備

歴史と文化の醸成事業

  • 文化財の保全
  • 史跡整備事業
  • 芸術文化の振興
 また「平泉の文化遺産」の世界遺産登録を目指し、史跡の復元整備や植栽事業に活用するため「世界遺産推進基金」を設けております。
 「ふるさと応援寄附基金」と同じ手続きで寄附金をお申し込みいただけますので、応援をよろしくお願いします。

環境保全事業

  • 地球温暖化防止事業
  • 地球と環境にやさしい循環型社会づくり
  • 景観対策事業
  • 河川の維持改修

産業振興事業

  • 水稲、畜産、果樹、野菜、花卉栽培などの農業振興
  • 松くい虫防除、植樹、間伐などの林業振興
  • 地場産品の活用などの商工振興
  • 観光振興

その他目的達成のために町長が認める事業

 平泉町は奥州藤原氏四代が東北地方を治めた政治・文化の中心地であり、その豊かな文化遺産は脈々と息づいています。この特色ある文化、歴史、風土などを守り生かしていくための取り組みに活用します。

特典(記念品)について

 ふるさと応援寄附(1万円以上)をされた方には、記念品(特産品等)をお贈りします。

寄附の手続き

(1)寄附の申し込み
 郵便、ファックス、電子申請(インターネットからのお申し込み)のいずれかの方法で、平泉町役場総務課へ申し込みをお願いします。
(2)送金方法
納付書振込
 下記金融機関からのお振込みについてのみ、納付書での振込みが可能です。
 その場合、納付書を郵送しますので、最寄りの金融機関からお振込みください。
 手数料はかかりません。(下記以外の金融機関をご利用の場合の口座振込みとなります)
 
指定金融機関 いわて平泉農業協同組合
指定代理金融機関   岩手銀行
 東北銀行
 一関信用金庫
口座振込
 お申し込み後、 振込先口座をお知らせいたします。(誠に恐縮ですが、振込手数料はご寄附をいただく方のご負担でお願いします)
現金書留
 寄附申出書を添えて、現金書留によりご郵送願います。(誠に恐縮ですが、郵送料はご寄附をいただく方のご負担でお願いします)
現金持参
 平泉町役場総務課へ、寄附申出書を添えて現金をご持参願います。
郵便振替
 お申込み後、払込取扱票を郵送いたします。最寄りの郵便局(ゆうちょ銀行)からお払込み
ください。(払込手数料はかかりません。)
(3)寄附金受領証明書の受け取り
 寄附金受領証明書を発行しますので、お受け取りください。

寄附金控除を受けるためには

 所得税と住民税の寄附金控除を受けるためには、寄附を行った方が寄附金受領証明書を添付して申告していただく必要がありますので、寄附金受領証明書は大切に保管願います。
ご注意
 「ふるさと納税」をかたった寄附の強要や詐欺行為には十分にご注意ください。平泉町ではお申し込みをいただいた方以外に振込などの入金をお願いすることは一切ありません。