平成29年度平泉町例月出納検査・定期監査等実施計画書

月別 区分 内訳 備考
29年
4月

30年
3月
例月出納検査 (地方自治法第235条の2第1項の規定による検査)
1.会計管理者及び企業管理者の保管する現金(歳入歳出外現金及び基金に属する現金を含む。)の残高及び出納関係諸表等の計数確認
2.現金の保管状況の検査・預金の照合
各月の末日現在
6月 公金の収納
又は支払事
務に関する
監査
(地方自治法第235条の2第2項の規定による検査)
1.指定金融機関等に関し、必要があると認めるとき、又は町長の要求に基づき、公金の収納又は支払の事務が、法令等の規定及び指定契約の約定のとおり行われているかどうかを主眼として実施するもの
あらかじめ指定金融機関等に対し、監査を実施する旨通知するとともに関係事項について会計管理者の書類等をあらかじめ調査する
6月 決算審査 (地方公営企業法第30条第2項の規定による審査) 公営企業会計
1.決算計数の確認及び分析
決算審査を実施するに当たっては、決算の計数等の内容について、担当職員の説明を求める(決算意見書の作成と報告)
7月
及び
11月
定期監査 (地方自治法第199条第1項の規定による監査)
1.町の財務に関する事務の執行が適正かつ効率的に行われているかどうかを主眼として実施
2.町の経営に係る事業の管理が合理的かつ効率的に行われているかどうかを主眼として実施
監査を実施するに当たっては、特別の場合を除き、町長及び関係委員会等に対し監査等の種類、期日、場所等をあらかじめ通知する
行政監査 (地方自治法第199条第2項の規定による監査)
1.普通地方公共団体の事務の執行について、必要があると認めるとき
あらかじめ項目及び様式等を定めめて監査等に必要な資料の提出を求め、必要に応じて事務事業の概要について担当職員に説明を求める
財政援助団
体等監査
(地方自治法第199条第7項の規定による監査)
1.必要があると認めるとき又は町長の要求があるとき
2.財政援助を与えているものの出納、その他の事務の執行で当該財政援助に係るもの
8月 決算審査 (地方自治法第233条第2項の規定による審査)
一般会計及び特別会計
1.決算計数の確認及び分析
決算審査を実施するに当たっては、決算の計数等の内容について、担当職員の説明を求める(決算意見書の作成と報告)
基金の運用
状況審査
(地方自治法第241条第5項の規定による審査)
1.基金の運用状況に関する調書の計数確認
健全化判断
比率審査
 (地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定による審査)
 1.健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類
   実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類等の計数が正確かどうかを主眼として実施するもので担当職員に説明を求め る (意見書の作成と報告)
資金不足比
率審査
 (地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定による審査)
 1.公営企業会計に伴う資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類
   公営企業における資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類等の計数が正確かどうかを主眼として実施するもので担当職員に説明を求める (意見書の作成と報告)
備考 1.例月出納検査の結果及び指定金融機関等の監査の結果を議会と町長に報告
2.定期監査.行政監査.財政援助団体等監査の結果を議会と町長 等に報告し、これを公表する。