農業者年金制度は、他の公的年金と同様の「老後生活の安定、福祉の向上」の目的とともに、年金事業を通じた農業政策上の目的をも併せ持つ制度です。

農業者年金の特徴

農業従事者ならだれでも加入できます。
60歳未満の国民年金の第一号被保険者であって年間60日以上農業に従事するものであればだれでも加入できます。
積立方式で安心した財政運営です。
積立方式で年金額は加入者・受給者数に左右されない、少子高齢時代に強い制度です。
保険料の手厚い国庫助成があります。
認定農業者等一定の要件を備えた意欲ある担い手に対して、保険料(月額2万円)の2割、3割または、5割の政策支援(保険料の国庫助成)があります。
保険料は自由に選択できます。
月額2万円から6万7000円までご自身のライフプランに合わせて保険料を自由に選択できます。
税制面でも大きな優遇があります。
保険料は最大80万4000円の社会保険控除(収めた保険料の15から30%程度の節税)
支払われる年金にも公的年金控除が適応されます。
80歳までの保証がついた終身年金です。
年金は終身受給できます。加入者や受給者が80歳になる前に亡くなった場合は、80歳までに受け取ると仮定した金額を死亡一時金として遺族が受け取れます。