4種混合は、「ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ」の予防接種です。

ジフテリア

ジフテリア菌の飛沫感染(くしゃみやせきなど)で起こり、高熱、のどの痛み、犬が遠吠えするような咳、嘔吐などの症状があります。

百日せき

百日せき菌の飛沫感染 で起こります。合併症としては肺炎の他、脳症など重い後遺症を残すこともあります。

破傷風

破傷風菌は土の中にひそんでいて、傷口から人へと感染します。
菌が体内で増えると、菌の出す毒素のためにけいれんを起こしたり、死亡することもあります。

ポリオ

 「小児まひ」とも呼ばれ、現在、国内での自然感染は報告されていませんが、海外ではポリオの流行があります。
感染した人の便に排泄されたポリオウィルスが口から入り、血液を介して脳・脊髄に感染が広まって、麻痺を起こすことがあります。

 

対象者 生後3か月から生後90か月未満
接種場所 委託医療機関(詳しくは保健センターまでお問い合わせください。)
接種方法 20以上の間隔をおいて3回接種し、3回目の接種から12~18月の間隔をおいて、追加を接種してください。
接種費用 無料(全額公費で負担します。)
通知方法 出生届けの際に予診票を交付します。
持ち物 母子健康手帳、予診票
その他 ★接種の際は、医療機関に事前に予約してください。