肺炎球菌感染症の予防接種です。この予防接種によって、乳幼児の細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎などの重い全身感染症を予防することが期待されます。

対象者

生後2か月から5歳未満
※標準的な接種年齢:生後2~7か月

接種場所

委託医療機関
(詳しくは、保健センターにお問い合わせください。)

接種方法

接種開始時の月齢により異なりますので、下記を確認のうえ接種してください。

初回接種
開始時の月齢
接種回数及び接種間隔 留意事項
生後2~7か月未満 【初回】
27日以上の間隔をおいて3回接種
【追加】
生後12~15か月を標準とし、3回目の接種から60日以上の間隔をおいて1回接種
2回目・3回目の接種は、生後12か月までに接種してください。
12か月を超える場合は、2回目及び3回目の接種は行わず、追加接種をしてください。
生後7~12か月未満 【初回】
27日以上の間隔をおいて2回接種
【追加】
生後12か月以降に2回目の接種から60日以上の間隔をおいて1回接種
2回目の接種は、生後12か月までに接種してください。
12か月を超える場合は2回目の接種は行わず、追加接種をしてください。
生後12~24か月未満 60日以上の間隔をおいて2回接種  
生後24~60か月未満 1回接種  
接種費用

無料(全額公費で負担します。)

持ち物

母子健康手帳、予診票

その他

★接種を受ける際は、医療機関に予約してください。