自立支援医療のうち更生医療では、身体障害者の日常生活や職業能力を高めるために、障害を軽くしたり、取り除いたりする手術等にかかる医療費の本人負担分を給付します。

※制度の対象となる疾病が決められておりますので、制度利用の際に事前に確認してください。

対象者 18歳以上で身体障害者手帳が交付されている方。
内容 指定された医療機関において、対象となる診療、薬剤の給付、手術その他の治療、看護、移送などを行い、かかった医療費の医療保険本人負担分を助成します。
費用 前年の課税状況により自己負担額が決まります。
申請 以下のものを保健センターまでお持ちください。
  • 更生医療用医師意見書
  • 印鑑
  • 保険証
  • 身体障害者手帳
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)もしくは通知カード(通知カードの場合は運転免許証・健康保険証・障害者手帳・年金証書等の身元確認書類を2つ以上)