肺炎球菌を原因とした成人の肺炎は、約25から40パーセントを占めています。特に高齢者では、重症化する可能性が高いので、注意が必要となります。定期接種として使用する高齢者肺炎球菌ワクチンは、発症頻度の高い23種類の肺炎球菌に対応したワクチンとなっています。

対象者
  1. 年度内に満65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方

    各年度の対象者の生年月日については、下記の早見表でご確認ください。

    高齢者肺炎球菌予防接種の対象者生年月日早見表 [69KB pdfファイル] 

     
  2. 60から64歳未満で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動に極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者


これまでに、23価肺炎球菌きゅう膜ポリサッカライドワクチンを1回以上接種した人は、定期接種の対象となりません。任意で接種(全額自己負担で接種)することはできますので、主治医にご相談ください。

接種場所

委託医療機関(詳しくは保健センターにお問い合わせください)

費用助成

1人1回 4,000円の助成
差額は自己負担となりますので、4000円を越えた分は医療機関の窓口でお支払いください。接種費用は、医療機関によって異なりますので事前に医療機関にお問い合わせください。
 

予診票

対象者には、毎年4月下旬頃に郵送します。