献血にご協力をお願いします!

ここ数年岩手県内での血液の供給が不足しており、現在では他の都道府県から血液製剤を分けてもらわなければ血液製剤の供給が足りない状態です。
このように慢性的な血液不足では、緊急的に需要が高まった際に対応できない可能性があります。

なぜ献血が必要なの?

血液は人工的に造ることができません。さらに、血液は生きた細胞で長期間の保存ができません。したがって、輸血に必要な血液をいつでも十分に確保しておくには絶えず誰かの血液が必要なためです。

また、近年臓器移植手術の件数増加等により血液製剤への需要はますます高まりつつあります。そのため、献血による血液製剤の供給は必要不可欠なものとなっております。

献血の基準

献血いただける基準は以下のとおりとなっております。

  全血献血 成分献血
1回献血量 200ml 400ml 血漿成分献血 血小板成分献血
年齢 16から69歳 男性17から69歳
女性18から69歳
18歳から69歳 男性18から69歳
女性18から54歳
体重 男性45kg以上
女性40kg以上
男女とも50kg以上 男性45kg以上
女性40kg以上
最高血圧 90mmHg以上
年間献血回数 男性6回以内
女性4回以内
男性3回以内
女性2回以内
血小板成分献血1回を2回分に換算し、
血漿成分献血と合わせて24回以内
年間総献血量 200ml献血と400m献血を合わせて、
男性は1200ml以内
女性は800ml以内

この他に血色素量等を考慮し、献血にご協力いただけるかどうか判断いたします。
65から69歳までの方の献血については、60から64歳の間に献血経験のある方に限ります。

次回献血日

全血献血

平成29年9月11日月曜日

詳細な場所等は保健センターにお問い合わせください。

なお、400mlの全血献血のみとなります。

健康な血液が支える貴い命。

患者さんの生命を守れるのは、献血から生まれる愛の贈り物。
皆様のご協力をよろしくお願いします。