「伝えたい 森のやさしさ 火のこわさ」
 
県では、3月10日から5月31日を山火事防止運動月間に設定して、山火事に対する注意を呼びかけています。
春は空気が乾燥して、風の強い日が多いため、山火事の起こりやすい季節です。
山火事はそのほとんどが、人の手によって発生しています。
山火事防止は皆さん一人一人の小さな心がけから始まります。
 
山や家の近くで野焼きなどをする時には、次のことに注意して、山火事が起きないようにしましょう
  1. まず、山や家の近くの枯れ草などを取り除きましょう
  2. 棒と水バケツや消火器を必ず準備しましょう
  3. 風のある時はひかえましょう
  4. 広い面積に火を入れるときは、何人かで燃え広がりを防ぎながら行いましょう。
  5. 火が消えるまで見張りましょう
 
山火事がおきないように一人一人が、
家庭で、地区で、みんなで注意しましょう