質問

 わたくしはB社に勤務するサラリーマンですが、毎月の給料の明細書では住民税の方が所得税よりも多く徴収されています。

 住民税は所得税より負担が少ないと聞いていましたが、これはなぜでしょうか?

回答

給与の額によっては住民税のほうが所得税よりも多い場合が生じます。

 サラリーマンの場合、所得税は通常、給与、賞与などが支払われる際に源泉徴収され年末調整により税金を清算することとされていますが、住民税は、前年の所得について市町村が税額を計算し、それに基づいて会社(特別徴収義務者)が給与などの支払いの際に税金を徴収する特別徴収という制度を採用しています。

 したがって、住民税ではボーナス徴収を行っていないことから、毎月の給料から徴収される額について所得税と比較すれば、給与の額によっては、住民税の方が所得税よりも多い場合が生じます。

 

 詳しくは担当課までお問い合わせください。