給付の種類は大別して3種類(老齢/障害/遺族)ですが、このほか、第1号被保険者独自の給付(寡婦年金/死亡一時金/付加年金)や老齢福祉年金があります。

種類
要件
年金額

遺族基礎年金

(1)国民年金に加入中の人、(2)国民年金に加入していた人で、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人、(3)老齢基礎年金を受けている人や受給資格期間を満たしている人、が死亡した場合に、遺族に支払われる国民年金の給付です。

受けられる遺族は、死亡した人に生計を維持されていた子のある妻または夫、及び死亡した人の子(18歳の誕生日の属する年度末まで、または20歳未満で1級または2級の障害の状態にある子)。

ただし、(1)・(2)の場合は、加入期間のうち3分の1以上保険料の滞納がないこと、または直近の1年間に保険料の滞納がないこと(平成38(2026)年4月前の死亡の場合)が条件となります。

平成29年度年金額779,300円+子の加算
子の加算

 

第1子・第2子

各 224,300円


第3子以降

各74,800円