国保の高齢受給者証

高齢受給者証とは

 国保に加入している70歳~74歳の方は、「高齢受給者証」が交付されます。この高齢受給者証は、70歳を迎える誕生月の翌月(誕生日が1日の方は誕生月)からご使用になれます。
保険証とともに医療機関に提示することで、窓口で支払う自己負担割合が「1割~3割」のいずれかとなります。この自己負担割合は前年の収入・所得をもとに判定を行います。

高齢受給者証の交付について

 新たに70歳を迎えられた方の高齢受給者証は、70歳の誕生月中に役場町民福祉課から送付します。また、すでに高齢受給者証を交付されている方につきましては毎年8月に更新となりますので、7月末までに新しい高齢受給者証を送付します。
なお、紛失等により再交付を希望される際は、届出者本人と確認できるもの(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・障害者手帳など)を持参のうえ、役場町民福祉課にて手続きをしてください。