国民健康保険に加入している人が、交通事故や傷害事件などの第三者行為によって負傷したり病気になったりした場合でも、保険証を使って治療を受けることができます。
しかし、本来その治療費は加害者が負担すべきものであるため、国民健康保険が一時的に立て替え払いし、後日加害者に治療費を請求することになります。
したがって、第三者行為で医療機関にかかる際は、速やかに町民福祉課国保窓口へ届け出てください。

第三者行為による傷病とは?

  • 交通事故(自転車、バイクを含む)
  • 喧嘩などの暴力行為でのけが
  • 他人の飼い犬に噛まれた際のけが
  • 飲食店での食中毒
  • スキー場での接触事故           など

次のような場合は保険証を使えません

通勤中や仕事中に第三者行為でけがをした場合

 労災保険の適用となります。

飲酒運転や無免許運転などの不法行為による場合

 国保の給付の対象にはなりません。

示談を済ませてしまった場合

 国保窓口へ届け出る前に示談を結んでしまうと、国保が加害者に対する請求権を失ってしまうことがあります。よって、示談を結ぶ前に必ず国保窓口へ届け出てください。