町では、平成23年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原発事故後、放射性物質の除染を目的に「平泉町除染実施計画」を策定し、町内の放射性物質の除染事業を実施しました。以下に、その概要をまとめましたのでご覧ください。

 なお、引き続き空間放射線量の測定やホットスポット対策などを継続しておりますので、町内で測定して欲しいところ、気になるところがありましたならば、ご相談願います。

 

  ●除染事業の主な概要

 

  平成23年      

    東日本大震災に伴う福島第一原発事故発生

  • 汚染牧草などの放射能問題が顕在化
  • 町内公共施設等の測定開始、緊急除染の開始
  • 定点測定開始(平成28年現在も継続中)
  • 汚染状況重点調査地域に指定、除染実施計画策定

 

     平成24年     

        除染実施計画認可、除染実施計画に基づく除染開始

  • 計画期間は平成26年3月まで
  • 除染実施区域及び除染方法は除染ガイドラインを参考に実施計画に記載
  • 子どもの生活環境を優先に除染(小学校、保育所、幼稚園など)
  • 子どもの生活空間の後に、他の公共施設、民有地、道路と除染
  • 平成24年度中にほぼ全ての公共施設の除染を終了

 

     平成25年

   除染実施計画に基づく除染継続

  • 公共施設(平成24年度の残り)と民有地のホットスポット対策を中心に除染を実施

                  

     平成26年3月     

  除染実施計画を延長せず、計画を終了

 

  平成27年4月から平成28年

  線量測定とモニタリングの実施継続 

  •  空間放射線量測定を継続中(定点調査、公共施設、一般宅地、通学路など)
  • 民有地ホットスポット対策継続中